カバーボーイ、プロローグ「ハヤト」


★お友達に教える★


■バイセクシュアル

そんなハヤトさんの性指向はバイセクシュアルだそうだ。

よく混同されがちではあるが、性自認と性志向は違う。
FTMを例にとると、トランスは性自認が男なのだが、その上で、性の対象として当然女性を好きになるとは限らない。
それは、純男にノンケがいればゲイもいるのと同様に、FTMトランスの中でも、女性を好きなヘテロセクシュアルもいれば、
男性を好きなゲイもいる。また、ハヤトさんのように両性を好きになるバイセクシュアルもいるのである。といっても「バイセクシュアル=男も女も好きになる」という単純なものではない。
ハヤトさんは自らのセクシュアリティについて次のように語る。

「私はバイセクシュアル。でもどこかが“女”な人が好きなんですね。
それは体でも頭でもどちらでもいいんです。
だから体が男でも、女性に見えるMTFさんは好きになるかもしれませんし、私は男ですが、レズビアンの方ともつきあえると思います。 ただ、相手の方に男性器があって、ルックスも、男性にしか見えない方ですと、どうも、興味がもてません。

・・・ちなみに、バストがある人が好きです。
自然のバストでも、MTFさん、ニューハーフさんが、作成したものでも、FTMの人で、『除去は要らない』と思っている人でも。
そういう方で、私を好きになってくださった方で、私もその方を大切に思えたら、お付き合いをすると思います。」


ちなみにFTMはハヤトさんにとっては、男性。
だから恋愛感情はわかないけれど、FTMゲイの関係(ダナーズ関係)として“恋愛関係には発せず、体のお付き合いもある、ごく親しいおつきあい”はできる・・とのこと。

「好きになった人、どなたでもいいじゃないですか?性器を確認してから、恋をします?」

■若いGIDへのメッセージ

ハヤトさんがナベシャツを使っているユーザーのトランスに対してメッセージを寄せてくれた。

「若い時は一途だから、ガーってつっぱしっちゃうよね。
でもステレオタイプ(固定観念)にとらわれすぎちゃ駄目。
トランスだからってスカートはいたら絶対変!っていう風に考えないで、
今ある環境の中で楽に生きたらいいのよ。
なんでもかんでも思い通りにすることは、権利じゃない。
ガマンしなきゃいけないことはガマンしなきゃいけない。
でも今悩んだことは絶対解決します、そして将来身になります。
悩んだ人ほど、人間的に成長できるし、思いやりが深くなるんだから、ね」


激動の半生を生き抜いてこられたハヤトさんの言葉だからこそ、
この言葉は重みをもって私の心に響いた。

■取材後記
ハヤトさんは、すごく明るくて素敵な方でした!
そして、男はこうでなきゃいけない!とか
トランスはこうでなきゃいけない!
という思い込みを鮮やかに打ち砕いてくれる方でした!
自分が自分らしく生きていればいいのだな〜と思えました。
おそらく、コレを見てくださっている方の中には、トランスだけど、手術は望まないなんてトランスじゃないのかな?
とか、トランスだけど男も好きになるんだけど、これって変かな?などということで悩んでいる方がいるかもしれません。
けれど、性は本当に多様なものです。
他の人とちょっと違っても、それでイイんです!
周りに振り回されず、冷静に自分の感覚を信じて、自分らしく生きていきましょう。
アジアンドラッグはそんな皆さんを全力で応援させていただきます。

そして、突然の取材のお願いに対してプライベートなことまで赤裸々に語ってくださり、 記事にすることを許してくださったハヤトさん、本当にありがとうございました。 (2004.8.6.ゆう)
この記事への感想、ハヤトさんへのメッセージを募集しております。
(メッセージはアジアンドラッグが責任をもってハヤトさんにお渡しいたします)
(ハヤトさんは多忙のため直接のお返事はできないことがあります)
(なお、病院の紹介やお問い合わせには応じられませんのでご了承下さい)
メールでのお問い合わせ

ナベシャツHOMEへ

商品名「ナベシャツ」は商標登録申請済みです。
「アジアンドラッグのナベシャツ」はアジアンドラッグが特許を取得しております。
(C)2003-2017
LAUXES Co.Ltd.