ナベシャツ・カバーボーイ File#006「雪斗」


★お友達に教える★


雪斗さん画像1
雪斗さん画像2
雪斗さん画像3
雪斗さん画像4
雪斗さん画像5

梅雨だというのに、もう夏?っていうくらい日差しの強い夏の日、雪斗(ゆきと)さんは、まぶしそうな顔でアジアンドラッグの事務所を訪れてくれました。
なんと雪斗さんは、アジアンドラッグスタッフ「ウメ」とお友達だとのこと。
ちょっと友達モードの和やかな雰囲気の中今回のカバーボーイインタビュー開始です

―こんにちは〜!

よろしくお願いします

―いつごろからトランスっていうことに気づきましたか?

自分は今20歳で今年21になるんですが… はじめは中学生くらいの時、レズビアンかなと思って携帯のレズビアンサイトに行ってたんですよ。
そのあと、そこからトランス系の人のサイトに飛んで…あ、オレ、これじゃん!って思うようになったんです。

―雪斗さんは小さいときはどんなお子さんでしたか?

やっぱ男の子っぽかったですね。 ずっと、ボク、ボクっていってましたね。 その事実を、最近ビデオを見て気づいたんですが(笑)
男とか女とか分けられるのはいやでしたね。 男の子っぽかったですけど、スカートとかもはいていました。 親が洋服を作ってくれるタイプだったんで・・・作ってくれる以上は履かなきゃな!みたいな感じで。遊ぶのも大体男の子とでしたね。

―辛かったこととかはありましたか?
小学校の時は転校ばっかりだったっていうのもあるんですけど、 声が低いとか、誰々が好きとかそういう恋話に入れなかったり、男っぽいというのもあって、いじめられたりしてたんです。
中学に入ると、男子が女子を見る目線が変わるじゃないですか。女子に対する目線が、異性を見る目になるんだけど、自分はそう見られないし、むしろ「見るな!」って感じになるわけですよね。なんていうんだろう〜そういうタイプ!
そういうので、自分を殺しておとなしくしてたんですけど・・・でもそういうタイプって目をつけられやすいタイプなんですよね! で、先輩とかに目をつけられてたりしてましたね。
高校にはいったら、もう自分は自分って開き直って、はっちゃけちゃったんですけど! ずっと埼玉だったんですけど、高校の時、都内に住んでるトランスの人と知りあったんですよ。その人に連れられて、夜遊びとか、学校以外の世界も知ってきたんで、結構楽になりました。
あと、高校では、部活が結構楽しくてがんばってたんです。

―何部ですか?

演劇部です。

梅―演劇部だったの??知らなかったー!

そう、演劇部(笑)男役ばっかりやってましたね。 普通、演劇部っていうと、ちょっと地味なイメージあるじゃないですか! けどうちは結構大会とかで頑張って明るい感じだったんですよ

―イケてる演劇部って感じだったんですね!

そう。なんで、結構かわいい子とかいて楽しかったですね。 ただ男子にはいろいろ思われていたみたいですね。 こっちも、男子に対しては、いろんな思いがあるんですよ。 劣等感・・・男になりたいのに男になれないっていう思いがあったので。

―初恋はいつですか?

保育園のときですね

―はやいっ!早熟ですね!

その恋は何事もなく終わりましたが(笑) その後は、サイトで知り合ったり、まあクラブとか実生活でも知り合いましたけど… 今は彼女はいないです。

■カムアウトについて
高校では仲のいい子にはカムアウトしていましたね。 高校2年の時だったかな?
キンパチ(※TBSドラマ3年B組金八先生第6シリーズ 性同一性障害を持つ主人公を上戸彩が演じ、話題になった。http://www.tbs.co.jp/kinpachi/series6/)やってたのって多分その頃だと思うんですけど…。だから、キンパチ、あれと一緒だよ!て言いました。
周りは「やっぱりね〜」という感じでしたね。 男が好きっていう話には加わらないし、髪型もこんなツンツンだし、化粧もしないしで、みんなうすうす気づいていたようです。

―金八はやっぱり見ていましたか?

見てましたねー。上戸彩が好きだったので!

―そういう理由なんだ(笑)

母親には友達よりもっと早くカムアウトしましたね。

―それはどういうきっかけで・・・?

そのとき、ちょうどつきあってた子がいて、遠距離恋愛だったんですよ! その子に会いに行きたくてお金貸してって頼む時に事情とかを全部話したんですよ。
その話の時、話してる時なんか自分泣いちゃって・・・。
でも母親は何で泣くの、泣くことじゃないよって言ってくれたんです。

―おぉ、なんか頼もしいお母さんですね!

多分母親も結構男っぽいというかさばさばしたタイプなんですよ。

―素敵なお母さんですね。

そうですね、家族の理解には恵まれていますね。

―高校卒業から今まではどんな風にすごされていましたか?

高校三年くらいに、それまで遊んでたトランスの知り合いの先輩と縁を切ろうと思ったんですよ。 その先輩は、キャバクラとかクラブとかに連れてってくれたり、その先輩のおかげで純男の友達も出来たりで、かなり影響を受けた人なんですが…
結構その人の友達が暴走族とか、ヤクザ関係だったりしたんです。
自分は先輩に服を買ってもらったり、食事もおごってもらっていたんですが、自分でお金を稼ごう!って思った時、こういうんじゃダメだなって思ったんです。それで、縁を切りました。 高校三年生の受験の前に、家庭学習の期間ってありますよね!? あの時に、オナベバーで働きました。
2ヶ月くらいかな!? 実際思っていたよりは稼げなかった、っていうのと、同時期に彼女が出来ていたり、いろいろな事情がありまして(笑)やめてしまったんですが。
やっぱり自分が出せる仕事ってことでオナベバーでの仕事一度はやってみたかったし、今でも、またやってみようかなって思いますよ。 高校卒業の後は、美容室の見習いをちょっとやりましたが、これも1ヶ月でやめてしまいました。
その後、某大手和食ファーストフードにてバイトを始めて…もう2年になります。

―1ヶ月、1ヶ月ときたら、2年って長いですね!

ファーストフードの仕事がよっぽどあってたとか?

そうですね(笑) というか、もうやめるのがイヤだったんですよ。 だからとにかく続けてやる!っという思いでやってきた感じです。

―そこでは、男性として働かれていますか?

そうですねー。面接の時に全部言いました。

―おお〜どうやっていったんでしょうか?

性同一性障害のこととかを、履歴書に書いていったんですよ!そしたら、面接で、これは自分で書いたの?って言われて。
「そうです」って言ったら 「わかったけど、どうしてほしいの?」っていうことだったんで・・・
名前はクンづけで呼んでほしいとか、制服は男性の制服にしてほしいとか、全部自分の要望をいって、働くことになったんです。

―すごい理解のある会社ですね〜○屋!

そうですねーで、入ってみたら、単に人が足りなくて誰でもいいから欲しい!っていう状態だったみたいで。 実際結構しんどいっす。
結構動く仕事なんですよ。 接客して、作って、出して、下げて、洗って・・・ 夜10時〜8時とかまでなんですけど、結構辛いっすね。
今は就職したいと思ってるんですが、今のとこでは社員にはなりたくない。 社員の扱いがけっこうひどい会社 社員とかも、辛すぎてやめる人が多いみたいです。ボーナスとかは結構いいんですけどね。

―将来はどんなことをやりたいですか?

パパになりたいッ!

―パパ?なんでまた!

最近思ったんですよ、パパになりたいって。 もともと、子供が好きで、保育士になりたかったんですよね。 結局、保育士の道を目指したりはできなかったんですけど、 友達がシングルマザーで子供を生んだりとか、そういうのをみて、やっぱり子供かわいい!いいよなーって思います。
うちは、高校の時両親が離婚しているんですよ。 お父さんのことは好きではなかった。 そういう影響もあって、家族に憧れがあって、パパになりたいっていうのがあるのかもしれない。

―具体的にはどういう風に考えてる?

うーん。養子とか、いろいろ方法は考えてます。 職業的なところでは、そうですね〜。塗装屋とか、あこがれてますね。

―なぜ塗装屋を?

やっぱり職人ってかっこいいじゃないですか。周りにもやってる人が多いんで…。ちょっと興味あります。でも、都内でバイトしたいな〜っていう思いもあるし、まだわからないですね、将来のことは…。

―なるほど。次は性同一性障害関連のトピックについて伺いたいのですが…。

今はGIDの治療の方はされていますか?

カウンセリングだけ行っています。 まだ1回行っただけなんですけど! 千葉の某有名クリニックで受けています。
4回来たら、改名に必要な診断書がもらえるという話なんで、まあこれから始めるっていう感じですね。

続きを読む
カバーボーイfileTOPへ

ナベシャツHOMEへ

商品名「ナベシャツ」は商標登録申請済みです。
「アジアンドラッグのナベシャツ」はアジアンドラッグが特許を取得しております。
(C)2003-2017
LAUXES Co.Ltd.