ナベシャツ・カバーボーイ File#003「13」


★お友達に教える★


13さん画像
13さん画像

13さんは、DRAG☆STARという二丁目でやっているレディースオンリーのイベントでGO-GOとして、大活躍もされてますね!
そもそも新宿二丁目に初めてきたのはいつ、どういうきっかけでですか?

「21歳くらいの時でしたねー。上京する前から二丁目のことは知っていて行ってみたいと思っていたんですよ。
たまたま職場のお姉さんが『(二丁目じゃない所の)おかまバー、ゲイバーは連れてってもらったことあるけど二丁目って行ったことないのよねー』って言ってて『「私も行ったことないけど興味あるんで一緒に行きましょうよ』ってことになって初めて行きました。
どこがどういう店なのか全く知らなくて近くのマンガ喫茶でレズバーを調べて行きました。やっと来れた〜って感じでした。」


今ではGO-GOとしていわば業界人として活躍するほどになっていますが、GO-GOをやるようになったそのきっかけっていうのはなんだったんですか?

「もともと友達がDRAG☆STARでホステスをやってたので、よく遊びに行ってて、オーガナイザーさんともお話しする機会があったんです。それで、直接やらないー?って声かけられて」

GO-GOとして、ああいう格好して人前に出たりするの、どういう感じですか?

「んー。好きみたい(笑)」


結構華やかにスポットライト浴びる仕事ですよね?

「うん。基本小心で、緊張してるるんだけど、一度出てしまうと、すっごい楽しい!!普段お客さんで行ってる時とは違う景色が見れるとこが楽しい。
みんながこっち向いてて、一人だけ逆向いて、みんなとは違う景色を見られる、そこが魅力ですね!」


GO-GOってのはGO-GO "BOY"ってことでいいのかな?

「一応そうですね」
今日もナベシャツカバーボーイということで、肩書きにボーイってついてますよね!?先ほど性自認は女性ということでおっしゃってましたが、○○ボーイっていう肩書き自体はどうですか?抵抗あったりしますか?

「それは全然オッケー。 むしろ、これでガールって言われたら気持ち悪いかな(笑)っていう・・・」

じゃあなんとかボーイになったり、そういう肩書きについて、「いや、あたしは女よ!ボーイじゃないわ!!」みたいのは・・・

「あ、それは全然ない」

ちなみに、男性に間違えられることってあります?

「あーありますね。トイレとかでよく…直接言葉に出してはないんですけど、目つきでぎょっとされたり…あと、先に入ってると、後から来た人が戻って確認して入ってきたりとか…」

そうときってどういう気持ちになる?

「ん〜なんとも言えない…あ〜しょうがないのかな?男子に見えんのかな?っていう」

イヤだ?

「ちょっとイヤですね…ヘンな目で見られることがイヤ。男に間違えられることがイヤなんじゃなくて、なんか嫌そうな目で見られることがイヤです。」

自分が、社会の中で男として扱われたいとか女として扱われたいとか、そういうのありますか?

「別に、どっちでもいいです。イヤな顔をされなければ。ビアンの世界だと、タチっていえば男扱いされるし、社会的には女として生きてるから女として扱われるし、その時によってって感じですね」

ジェンダーはどっちでもいいって感じなんですね。でも、ビアンの世界では、やっぱりタチなんだ。

「それはそうです。それは揺らがない!」

ちなみに女性の好みは…?

「気が強くてはっきりモノを言って、一緒にいて楽な人。お互い全部出せるような人が理想です。外見はあゆ!あゆ大好きです☆まあ理想と現実はいろいろありますけど…今は彼女いません。募集中です。」

自分のセクシュアリティを隠したりはあまりしていないの?

「いや、社会生活において、ビアンってことを隠したほうがよければ隠しますよ。オジサンが飲み会とかで「女の子もいけるんじゃないの〜」みたいなこといっても流してます。「あゆくらいかわいければつきあってもいいですけどね〜」って本音をまぜつつかわして(笑)」

13さんはその華麗な髪型遍歴もご自身のサイトで公開してらっしゃいますが、この髪型はどういうきっかけで?こだわりとかあるんですか?
(注)このページに載っている写真は全員13さん本人です!さまざまな写真をHPよりお借りしました!)

「今は結構普通に落ち着いちゃったんですけど…あ、普通でもない?(笑)とにかく、その時、なんかとっぴょうしもない髪型にしたいっていう衝動に駆られてて。その時は普通のショートが伸びてた感じなんですけど、その時から思い切っていろいろ、前髪半分なくしたりとか・・・。切りにいくたんびに、その美容師さんとじゃあこうしてみようか!こうしちゃおうか!みたいな感じでどんどんいろんな形にしました!」

なんでとっぴょうしもない髪型にしたかったの?

「うーん、なんだろ、普通じゃヤだった。何年か前なんだけど…2年くらい?」

普通じゃヤだったっていうのは、他の人と同じがいやっていうこと?

「他の人と同じっていうのもそうだし、職業も事務員ぽくみられたくなかったんですよ。きっちり、かっちり、型にはまるのがイヤだったです。もう仕事6年目ですけどね。それまでも、髪の色を赤にしたり青にしたりしてたけど、形は普通だったのね。でも2年前くらいから形も変えて」

ファッションとかはどういうのが多いですか?

「今まではパンクっぽいのが多かったです。原宿とかで。セクシーダイナマイトロンドンが好きで、そこのTシャツばーっかり着てたんですよ!
でも今はちょっと路線を変えようかなって思ってるんです。シンプルかつコジャレた感じで。ファッションのこと、全然わからないんで、おしゃれなお友達とかに教えてもらいたいなと思ってるとこなんです。」

当日はノーアクセ、ノーバッグという気楽な格好でインタビューに応じてくれた13さん。飾りたてているわけではないのに、雰囲気があります!!
靴やピアスの写真など撮らせてもらいました!ちなみにピアスホールは耳だけで13個あいているという。
「名前にちなんで13個でやめようと思ったんだけどおへその誘惑に負けました」とのこと!

では最後になりますが、セクシャルマイノリティの方々にメッセージはありますか?

「自分の心に素直になってください!」

13さんは素直になってますか?

「そうですね」

クールな外見と、奇抜なヘアスタイルからは意外なほど、落ち着いた態度と口調できちきちっとインタビューに答えてくれた13さん!お忙しい中、ありがとうございました!!仕事も遊びもファッションもやりたいことを賢く両立し、充実させているそのライフスタイルには感服いたしました!刺激受けました!

この記事への感想、13さんへのメッセージを募集しております!
(メッセージはアジアンドラッグが責任をもって13さんにお渡しいたします)
(13さんはご多忙のため、直接お返事できないこともございます)

メッセージはこちらまで…メールでのお問い合わせ

カバーボーイfileTOPへ

ナベシャツHOMEへ

商品名「ナベシャツ」は商標登録申請済みです。
「アジアンドラッグのナベシャツ」はアジアンドラッグが特許を取得しております。
(C)2003-2017
LAUXES Co.Ltd.