ナベシャツカバーボーイ File#001「マコト」


★お友達に教える★


■将来の夢
進路は最近まで本当に迷っていました。
高校入学した当初から進路の事は常に気にしながらやってきました。
治療を優先したい気持ちは膨れ上がる一方です、しかし年を重ねるごとに(たった二年程ですが)それよりも大切なことに気がつきました。

それは精神面・金銭面の自立と、セクシャリティーに縛られない事です。
今まで両親には多大な迷惑と心配をさせてきました。
カムした時に父親から言われた言葉が胸に残っています。

「逞しく、自分らしく生きろ。それができるならお前は俺より立派な男だ」と。

父親は優しく強い人です。俺が最も尊敬している人です。
俺のしたいと言う事をいつも必死で応援してくれます。 冬になれば二人でスノーボード、夏はバイクでツーリング。

母親は心配性で口うるさいですが、その分血の通った優しい人。

兄は大の仲良しで友達みたいな関係です。
俺とは正反対で成績優秀、誰からも頼りにされるタイプ、昔はそんな兄の事をコンプレックスとも思っていました。

祖母は一番長い間俺と一緒に居た人です。
中学の時不登校児だった俺を見捨てずいつも優しくてとっても可愛い人。
そんな大切な家族に「もう一人ででもやってけるよ」って自ら示して安心させてあげたいのです。現実派な俺は小さな頃から夢と呼べるものは何もありませんでした。希望としては人と関わる事が好きなので、自分の特性にあったそんな仕事に就けたらいいなと思っています。高校卒業後は県内の短大で社会福祉の勉強をしたいと思っています。卒業まで時間はたっぷりあるので進路は変わっていくかもしれませんが、納得のいくように今は将来に希望を持って勉学に励もうと思っています。

■恋愛観と今までの恋愛経験

「初恋は小学校高学年の時です。
相手はクラスのアイドル的存在だった女の子でした。
表向きは明るく振舞っていましたが、本当は凄く内気な性格で好きになっても同じ輪の中にいて友達を挟んで会話を交わすだけで精一杯でした。
「自分は周りの子と違う?」と思うと誰にも打ち明ける事も出来ずにいました。

今まで付き合った人数は正直に言うと5人ぐらいです。
初めて付き合った人はビアンの人でした。
当時中学生だった俺は携帯の某サイトでその人と知り合い付き合うことになりました。
その人に自分の事を彼女扱いされた時に酷く不快に思ったのを覚えています。

数ヶ月ほど前に一年間付き合った彼女にフラれたんですよ。 その彼女は中学の時に好きだった人なんですけどね。
それからわりと早く彼女が出来たんですが、俺はまだその別れた彼女に未練があってすぐに別れちゃいました。
俺の歴史史上最強に熱い恋愛でしたから・・・。
その彼女と俺は中学の時の同級生で、付き合う前から俺達は仲良しでした。
彼女の家族の方々は同じクラスで昔からよく遊びにくる女友達って感じで俺の事を知っていました。
付き合ってからも変わらず俺が彼女の家に遊びに行っても(彼女は付き合った当初、俺がFTMだと云う事を母親に伝えていたらしい)以前と変わらず接してくださっていました。一方俺の家では家族全員、彼女の事を中学からの友達の○○ちゃんではなく、彼女の○○ちゃんとして理解していてくれました。

いつからか我が家の食卓には彼女専用の箸や茶碗が並び、夕飯を俺の家族と彼女が一緒に食べるのが当たり前になっていました。彼女が居心地が良くて俺の家族を好きだと言ってくれて嬉しく思っていました。

それまでは良かったのですが、ある日彼女の家に行って気づいたのです。
俺の家で彼女は彼女。
彼女の家では俺は娘の彼氏じゃなく、中学の同級生のままだと。
そうなるのは仕方が無いことだとわかっていたけど悔しく感じました。
俺の体がこんなのだから彼女の親の前、彼女の友達の前で堂々と彼氏でいられない事。
俺は彼氏として、恥ずかしい事など何一つとしてしていないのに、むしろ会った日は必ず雨が降ろうが家まで送り届けたり頑張っているのに・・・。彼女の周りの人達にただの過保護な友達だと思われているのが悔しかった。それは日に日に苛立ちと悲しみに変わり彼女の家に誘われても断るようになっていった。

それが原因で何度か彼女と大喧嘩になったけど喧嘩が解決しても状況は変わらなかった。
どうして俺がFTMだと云う事は言えて彼氏だと言えないのか。
続きを読む
カバーボーイfileTOPへ

ナベシャツHOMEへ

商品名「ナベシャツ」は商標登録申請済みです。
「アジアンドラッグのナベシャツ」はアジアンドラッグが特許を取得しております。
(C)2003-2017
LAUXES Co.Ltd.